euvicc's sphere cycloalkanique

ダイアリーから移行して再始動。自転車とMETALとその他雑多な物欲記録。

何故か四十手前にして自転車趣味に目覚めてしまったある男の記録...のようなもの。

ライドの記録、買い物記録、超私的レビューみたいな駄文を書き連ねます。

【IYH】ってほどでもないけどタイヤレバーを買い足し

Euviccです。



f:id:Euvicc:20210312104433j:plain:w380



ある日、仕事の合間にちょいとお出かけして、コイツを仕入れてきました。正確にいうと買い足しです。





GRAILさんのフロントタイヤをコンチのTerra Speedに換えたことは既に書いているわけですが、その時に

コンチって他のメーカーよりタイヤ嵌め易い気がします。速攻で終わりました。


な〜んて書いてました。実は↑のレバーがものすごく役に立ってくれたことも速攻(丶丶)の理由のひとつです。加えてコチラも役に立ってくれました。



TOPEAK(トピーク) Shuttle Lever 1.2

TOPEAK(トピーク) Shuttle Lever 1.2

  • 発売日: 2011/12/02
  • メディア: スポーツ用品



GRAILさんのホイールはReynoldsのAssault ATR discで、リムハイトがちょっぴり高めです。それに対応して、常備しているタイヤレバーは





コレだったのですが、いかんせんこの子ちょっと軟らかめ(丶丶丶丶)でして。フロントタイヤよりも前にリアタイヤをWTB nanoに換えた際1本バキッてやっちゃったんですよ💦 3本セットのうちの1本なのでまだ2本残ってるしまだ大丈夫だろうとは思うのですが、このノグチのやつはタイヤを外すときはこのカーブした形状がうまくリムをまたいで(丶丶丶丶)スポークに引っ掛けられるので良い具合なのだけど一方で先述の通りタイヤを嵌める際はイマイチです。そんなわけで、たまたま買い物に出た折なんかに自転車屋に立ち寄り見つけたのが件のTopeakのレバーなのです。



f:id:Euvicc:20210312081856j:plain:w380



長短の2本セットというちょっと変わった組み合わせですが、この黒くて長い方が超goodです。今までのより剛性も高いし、その長さから発揮されるテコの原理的パゥワー\(^o^)/ これにより、それまで苦労していたタイヤ嵌め込みは作業の難易度が劇的に軽減された次第です。タイヤ嵌めるのなんて普通素手だろ、とかいうツッコミはご勘弁w ワタクシ握力弱いんですよ💦💦



そしてSchwalbe。コレのクリップ機能がマジ素晴らしい。タイヤを嵌めていくときのあるあるなんですけど、嵌めてあるもう片方の終端がどんどん外れていってしまうんですよね。そうなるといつまで経ってもタイヤが嵌め終わらず泣けてきます。過去何度半泣きになったことか……🥲 しかしここで威力を発揮するのがこのレバー。リムとタイヤの間に差し込んでクリップ部分をリムの内側──フック的なところに嵌め込んでしまえばあ〜ら不思議! 外れようとするビードはレバーに押さえられて動かなくなり、私は安心してタイヤを嵌め込む方のレバーに集中できるというわけ😉 最後は嵌め残りの真ん中にTopeakのレバーを差し込んでえいやっ(丶丶丶丶)てやればオシマイです♪



冒頭に書いたように、シュワルベのレバーは今回初ではなく買い足し。発売された当初?に既にゲット(既に持っていた旧レバーからの買い替え)してて、CXR-χ⁺⁺ちゃんのツールボックス内標準装備となっております。ですがCXR-χ⁺⁺の方はGP5000に換装して以来パンクも全然してないし3本ローラーばっかりでそもそも外を実走してないし、タイヤレバーを使う機会はGRAILさんの方が多かったという次第😅 今回、GRAIL用のタイヤレバーとしても採用することにしました。これで……


  • ノグチのタイヤレバー (×2本残ってる)
  • Topeak Shuttle Lever 1.2 (長短1本ずつで計2本)
  • Schwalbeのタイヤレバー (3本中2本)←New!!


合計6本……持ちすぎじゃねえかって気もしますが(苦笑) まあ別にいいでしょ、嵩張るもんでもないし重量も知れてる😁 迅速確実且つ快適にパンク修理とかできる方が絶対にいいですからね✌️




今日はこんなところで👋