euvicc's sphere cycloalkanique

自転車とMETALとその他雑多な物欲記録。そして大病から生還し生き残り続ける奇跡の徒然など。

何故か四十手前にして自転車趣味に目覚めてしまったある男の記録...のようなもの。

ライドの記録、買い物記録、超私的レビューみたいな駄文を書き連ねます。

2021/10、急性大動脈解離(Stanford-A型)から奇跡の生還。

以降は予後のこととかも書いたりすると思います。

【IYH】フロアポンプを新調!……までは至らなかったお話😅

Euviccです。




例の病気に罹って以来負荷をかけることができなくなり、加えて夏が来て例のごとく酷暑が続いているため最近は全然乗れていないのですが、私の最大の楽しみ(=ストレス発散手段)はやっぱり自転車であります。



自転車という乗り物を運用するためには、自転車本体だけでなくメンテナンスのための工具だとか消耗品だとかが色々必要です。中でも空気入れは自転車ユーザーほぼ全員が持っているでしょう。どんな自転車でも定期的に空気を入れ足さなきゃならないのはロードバイクだろうとママチャリだろうと同じです。


空気入れもやはり消耗品だった。

空気入れ。携帯用ではなく家に置いとくヤツ。英語ではフロアポンプとか言われますね。私は1号車Bianchi号をお迎えした当時に一緒に買ったTopeakのJoeBlow Sport Ⅱを使い続けています(冒頭の写真)。10年以上?も前のモデルですのでもちろんメーカーは既に終売です。後継モデルは……これかな?





米仏両方式のバルブに対応、空気圧計つき。基本性能はほぼ変わりません。なおママチャリつまり英式のバルブには使えません。たしか6千円程度で買ったと思います。性能的には全く問題がなくずーっと使い続けていました。あーでも、一度ヘッドを交換したことはあったっけか、コイツに。





ネットでの評判を知り、ちょうどそれまでのポンプヘッドが摩耗して?バルブから空気が漏れるようになっていたので換えてみたのでした。空気を入れる時はヘッドをバルブにねじ込むだけでよく、終わったらそのまま引き抜くだけというお手軽さがとても気に入ってました。しかも当時は安かったし。いつのことだったかな?🤔 ……ああ、これか。





この交換したポンプヘッドも最近になって空気が漏れるようになってきたため純正のポンプヘッドに戻したのですが、やはりイマイチ😑 ……ということで、ポンプ新調の検討が始まったのです。


新調するか? 修理するか?

実はこれが個人的になかなか悩ましい問題でして😓 まあ言うなれば空気入れにそこまでお金かける気になれないのですよね💦 もちろん、高価な≒高性能なものを買えばたぶん今より空気を入れる作業自体が断然楽になる。ですが、今の私は自転車に乗る機会自体が減っています。Zwiftも課金切ってるんでローラーすら乗ってない。使用頻度の少ないものにお金を注ぎ込んじゃうの、さすがに無駄じゃない? とどうしても思ってしまうのです😔



じゃあ修理するか? 幸いTopeakは「リビルドキット」なるものを販売しています。





実は↑のWebサイトを開いたときにめちゃくちゃ驚いたのですが、長らく古臭いPC向け画面しか用意してなかったtopeak.jpさん*1が、なんと今年の7月からサイトをリニューアルしてスマートフォンにも対応しているのです。お陰でiPhoneSafariから商品情報探すのがめっちゃ楽になりました🤗 ──それはさておき。このリビルドキット、あるいはアップグレードキットを購入すればたぶんウチのポンプは蘇るはず……しかし、な〜んかそれもピンとこなくて。ああそうか。ポンプにお金かけたくないとか言いはしてるけど、心の奥底ではやっぱりもっといいポンプが欲しいって思ってるんでしょうね😅



じゃあ、現実問題どんなモデルがあってどれぐらいのお値段するのか一応見てみることにしました。


トピーク

ジョーブロー ツインターボ
おそらく現行トピークの最上位モデル。押しても引いても空気が入るので"ツイン"。そしてヘッドは樹脂製ではなく金属製です。お値段は驚きの¥34,100-(税込)!! さすがにちょっと手が出ないなあ💦💦
ジョーブロー チュビ 2ステージ
Amazonじゃ扱いすらありませんでしたがw ちょうどY'sロードが商品を紹介してくれてましたね。
特徴はポンプヘッドでちょっと複雑な形状&透明で中が見える……なんとポンプヘッドにバルブをセットした状態で、ベッド内でバルブコアが外せるんですってよ奥さん!🫢 正直何言ってるのかわからないと思いますが、詳細は↑のリンクを見てください。お値段もなかなかで¥17,600-です。
ジョーブロー ブースター
シャフトが2本で構成されていて、片方はタンクになっています。一旦タンク側に空気を入れ、限界になったらタンクから一気にエアを放出! チューブレスタイヤビード上げが簡単にできる、というコンセプトです。私はチューブレス運用してないのでここまでは要らないかな〜😅 ちなみにお値段¥26,950-(!!) いい値段します。
ジョーブロー X.O.
基本黒と黄色が主体のトピークにしては珍しいシルバーメタリック。ヘッドもこのモデルだけ唯一のスレッド式(airboneみたいなやつ)。お値段もふるっていて¥20,900-(税込)! ……ただ、↑のAmazonリンクでももう完売みたいですがどこのショップでももう売ってないみたいです。

パナレーサー

パナレーサーは自転車タイヤおよびタイヤチューブの一大ブランドです。なら当然ポンプも自社で用意しているはず。てゆうか見たことあるしw





うん、当然ありましたね。その中でもやはりこのあたりが気になります。





……あれ? なんか全然コッチの方が安くない?😅 定価でもたったの¥5,400-だしAmazonならさらに安いよ?😨


レザイン

スタイリッシュなデザインでカッコいい。しかしお値段割高──というのがこのブランドに対する私のイメージです。いやそりゃあカッコいいのは好きだけど、あくまでフロアポンプだからなあ😥 とりあえず商品ラインナップを見てみましょうか。




まあやっぱりいいお値段しますね💦 見た目なんかしゅっ(丶丶丶)としてて悪くない。……が。正直求めるものはコスパなんですよね。故にというか、レザインはパスかな。


そもそも修理できるんじゃないの?

そもそも、ダメになっているのはヘッド部分だけなのです。だったらヘッドだけ交換すればいいじゃない。幸いトピークはメンテナンスパーツも売ってるんだからさ? ということで外出のついでにY'sロードなんかにも寄ってみましたが、さすがにポンプヘッドだけとか置いてるの新宿本館ぐらいしかなくて、しかもジョーブロースポーツⅡのヘッドと同じヤツでした。それはちょっとなあ……。



じゃあAmazonあたりで探すか、とひと通り見ては見たのですがこちらでもな〜んか「これだ!」というものにめぐり逢えない😞 そもそもモチベーションが低いのでしょうね。一応検討したのはこのあたりです。





ヘッドだけ買うならたいした値段じゃないですが「アップグレードキット」ともなると結構なお値段します。下手すりゃ買った当時の本体の値段以上する😱 それはさすがに本末転倒でしょう。加えて、ポンプの元のモデルによっては対応/非対応があるようなので買えばポン付けして必ず使えるというわけでもなさそうです。あ〜、もうなんかだんだんメンドクサくなってきたぞ😤 こうなったら思いきってコッチに手を出しちゃおうか?w





ポンプヘッドの最高峰といわれるクワハラのヒラメ、最近の主流は横型らしい(レバーが)。これに換えたらもう他のヘッドにはできないと評判です。お値段もなかなかのものですが……😓



だいぶ迷った挙句、私が選んだのはヘッドだけ交換でした。新調は諦めて修理にしたわけです。何にしたのかは次節にて。


ということで着弾→修理開始

開封の儀】&換装作業

ということでAmazonでポチり翌日には到着。こちらになります。





トピークのツインヘッドです。なんとなくこのあたりが妥当かな〜という見立て。きちんと使えるかどうかの確証もないまま。まあ、ダメだったら今度こそヒラメを再検討すればいいかな、ぐらいの軽い考えです。では、交換してみましょう。とりあえず袋から取り出して六面をチェック。














選んだポイントは価格もそうですが米式/仏式のバルブが分かれていることです。てゆうかそもそも米式バルブのタイヤ(チューブ)なんて持っていないので仏式しか使わないのですがw あとはレバーの構造が単純そうに見えたから、ですかね。よし、交換だ。







根元のネジキャップを外すと簡単に取れます。するとホース先端が現れますが、買ったバルブと形状が違う??😨 いやいや、そこは慌てずホースの先端部分に嵌まっているパーツを外します。結構硬いので歯で咥えて引っこ抜きました。







引っこ抜いたパーツを新しいヘッドと比較すると形状がほぼ同じことがわかります。これならいけそう。新しいヘッドの方をホースにねじ込みキャップを締めようとしますが……ありゃ、締まらない😰 どうやら径が違うみたい。ならばならばと別のネジ式キャップを持ってきて締めてみます。ピッタリにはならないけどとりあえず大丈夫かな?





ちゃんと最後まで締めきれていないので、もしかしたら空気が漏れちゃうかもしれません😞


試しに空気を入れてみる

まあいいや。空気がちゃんと入ればいいですw 多少の漏れがあっても漏れの速度が使用に耐えうる程度ならこのまま運用しちゃいましょう。では──








CXR-χ⁺⁺ちゃん、GRAILさんの順に空気を入れ試してみました。仏式のヘッドは灰色の方で、そちらをタイヤのバルブに差し込んでレバーを上げ、普通にポンピングしていきます。……んー、やはり高圧になるにつれて漏れるなァ空気が😰 でも、バルブから漏れているわけではなさそう。漏れてるのは完全に締めきれてないヘッドの根元の方からかな? 厳密に考えるとNGだけど、正直そんなシビアに空気圧を決めてもいないからなあ(苦笑) うん、まあこれでいっか😁



非常に雑というかおざなり(丶丶丶丶)な感じですが、一応これで我が家のフロアポンプはどうにか復活を遂げたのでした。





これでしばらくは保つでしょう。しばらくってどれぐらいかな? 数年? まあ5年も保てば御の字かも。次にポンプの調子が悪くなったら今度こそ買い換えると思います。たぶんPanaracerかなw トピークの最上位モデルとかカッコ良くてめっちゃ欲しいですがちょっと贅沢が過ぎるかな〜(苦笑)



さて、今回はこのへんにしておきます👋

*1:日本のTopeak総代理店(株)マルイ https://maruiltd.jp