euvicc's sphere cycloalkanique

ダイアリーから移行して再始動。自転車とMETALとその他雑多な物欲記録。

何故か四十手前にして自転車趣味に目覚めてしまったある男の記録...のようなもの。

ライドの記録、買い物記録、超私的レビューみたいな駄文を書き連ねます。

【ゲーム】ちょっとお高いよな……とは思いつつ久々のドラクエ

Euviccです。1月4日、ちゃんと仕事に復帰しましたが早々にトラブっております😵



さてそういえば、前回書いた記事の抱負?目標?危険思想?に従い正月休み中はこんなのに手を出していたのでした。





なんとDQです😅 最後にやった記憶は小学生……いや発売が1990年(調べ直した)だからたぶん中学生の頃。真夜中にコソコソとTVとファミコン(もちろん旧ファミ)をつなげ、デスピサロを倒し──あれ? 倒せたっけ? エンディングを見た記憶の方は全然ないぞ? 単に物忘れか、いやそもそもラスボスを倒せていないのか?🤔 覚えていないならラスボスを倒したという記憶で今から上書きすればいいwww ゲーム1本で1,000円以上の課金とかだいぶ躊躇いましたが、一方でこの大作がこの金額で買い切りで、最後までできるのなら悪くないのでは?と思いポチっちゃったわけです🤪



それにしても今更ドラクエとは唐突だな?とは自分でも思いますが、ドラクエシリーズはⅧを最後に全然やってないし、実はⅤをやったことがないのでやってみたかったんですよ😅 素直にⅤではなくⅣにした理由は先述の通りです。加えて昨年、すぎやまこういち大先生が亡くなられましたよね😢 というのであちこちでドラクエの曲を耳にする機会が増え、さらにこの前





これを観た*1結果、余計ドラクエがやりたくなった次第です。え? バレエの方はどんな話かって? オリジナルストーリーだし本題から外れるので割愛しますが、使われている曲はⅢ〜Ⅴが中心なのですよ(バレエなのでもちろん生オケ!!)。興味がおありの方はコチラ





を参照ください。



現在、無事デスピサロは倒せました……が、その先(第6章)なんてものがあるとは思いませんでした💧 なにこれ知らない話なんだけど? 追加要素なの??🤨 完全に自力で解くことは重視していないのでここは素直に攻略サイトを調べ、例の裏ダンジョンも踏破してラスボスのはずだったデスピ──もとい、その前段階のピサロが仲間に。んでもって"真のラスボス"を倒すためにLv.上げおよび最強装備収集の途上です。それにしてもピサロ君ちょー強いわwww 最強の攻撃呪文とか最初から覚えてるだけでなくさらにここからも成長するらしい? 主人公の勇者がかすむ(丶丶丶)ほどです。スバラシイね😉 ただしLv.全然上がりませんが(苦笑)



ピサロの専用最強装備を揃えるまでは頑張ってやり続けていましたが、ここまでくると自分の中でも欲求が落ち着いた感あります。あとはゆるゆる、ちょっと時間が空いた時に蓄積していく感じで良いかなぁ……と。さっさとⅤの方に取り掛かりたくはあるのですけどね😅


話変わってピクミン(ゲームつながりってことで)

結論を先に述べますが、飽きました🤣



おっと。上記の一言で話が終わってしまうwww いや〜でも実際、もう追加要素がないんですよね😜 ピクミンブルームはゲームとしてはまだ新しいので、今後追加要素の実装を期待してもよいのですが、そろそろストック含め連れ歩けるピクミンの数が限界に達しそうだったりします😓 一方、この限界を拡張するためには課金が必須というお話……何そのクソシステム?💢




f:id:Euvicc:20220104215124j:plainf:id:Euvicc:20220104215122j:plain



基本プレイが無料なのでどこかで収入が欲しいといのはわかる。わかるけど……こういうやり方で自キャラの成長を強制で頭打ちにされるのはちょっと納得いきません😑 「お題」をこなしつつひたすらピクミンを連れ歩きLv.を上げてっても、それに比例した戦力?の増強ができないのではあまり意味ありませんし。デコピクミンを揃える意欲も急激に醒めました。なんかもうどうでもいいかなー。



もともとリハビリ散歩に飽きないための気分転換として始めたものなので、今や仕事に復帰しリハビリ散歩も毎日じゃなくなったことを考えると、私の中でこのゲームは役目を終了したのかもしれません。




今日はこの辺にしておきます。冒頭書いたトラブルは解決しなかった(他責)ので、仕事始め=職場復帰の日だってのに何も進まず徒労感だけが強く残ってる😓 こういう日はさっさと休むに限ります。は〜寝よ寝よ!😤 では、おやすみなさい😴

*1:彼女の所蔵品w なお自分も2018年?あたりに生で舞台を観ています。その時はカーテンコールで自分らのちょい後ろにスポットが当たったと思ったらすぎやま先生ご本人がいらっしゃいました!