euvicc's sphere cycloalkanique

ダイアリーから移行して再始動。自転車とMETALとその他雑多な物欲記録。

何故か四十手前にして自転車趣味に目覚めてしまったある男の記録...のようなもの。

ライドの記録、買い物記録、超私的レビューみたいな駄文を書き連ねます。

【インプレ】mont-bell ワオナブーツ着弾!

Euviccです。



先日の日記で注文していたコチラが届きました♪





ということでとりあえず【開封の儀】と……ん?シューズの場合どうやってインプレしたらいいんだろう?🤔 ああ、そっか。歩いてみればいいんですよねw


ではまず【開封の儀】

箱📦、どーん!w そして開梱!



f:id:Euvicc:20210708093400j:plainf:id:Euvicc:20210708093439j:plain



おお〜🤗 といっても、この後できることなんてせいぜいタグ🏷を外すぐらいなんですよね。てゆうか、箱の中に何か紙が入ってます。納品書以外に──へえ、こういうの初めて見るな😮



f:id:Euvicc:20210708112152j:plain:w380



取扱説明書! すご〜い(°∀°) まあそもそも私、取説をつけるほどちゃんとした(丶丶丶丶丶丶)製品になってる靴を買ったこと多分ない気がします😅 軽く目を通して……さあ、履いてみましょう。




f:id:Euvicc:20210708112542j:plain
f:id:Euvicc:20210708112546j:plain



いや〜なんていうか、しっかりした感じがします(((o(^∇^)o))) 靴下がやけにハデですが、履き試す→その流れで履き馴らしに行くなら想定する利用シーンになるべく合わせよう、とサイクリング用のソックスを履いたからです。たぶんコレです。





履いてみて思いましたが結構靴ひもが長いですね💧 これ実は大きな懸念事項で、靴ひもがあまりに長いとペダルやクランクに絡まって事故る可能性があります😰 しかも結んだあとにこれだけ長く残ってたら、ペダリングの最中にひもが引っかかっただけでほどけてしまうリスクもある。前回の日記でBOAダイヤル式のモデルが気になっていたのはこの理由からですね。実際サイクリング用のシューズは安いものならベルクロ(マジックテープのこと)留めですし、ある程度のグレードからは軒並みBOAダイヤル採用になってるぐらいです。



ひもがほどける問題については、とりあえずコチラを参考にして結び方を変えました。





ここに出てくる3番目の「ベルルッティ結び」というヤツにしました。蝶々結びとほとんど変わらないやり方でほどけない&キレイな結び目にできるので(↑の写真はまだ普通の蝶々結びです)。



しかし、それでもやはりひもが長い。切ればいいって話もありますが、まだお迎えしたばかりですしいきなりチョッキン!✂️するのはちょっと躊躇われます💦 てゆうかまだ自転車の方の用意ができてないわけだし、まずは履いて歩く方をやってみないと。靴ひもの件はまた後で考えよう😅


歩いてみた(ちょっぴり)

この日の昼休み。せっかくなので昼飯を早々に終わらせ残った時間でちょっと歩いてみました。行ったのはご近所の石神井公園なのですが、この公園って意外と高低差があって、こんな場所が普通にあったりします。



f:id:Euvicc:20210711224948j:plain:w380
f:id:Euvicc:20210711224952j:plain:w380
f:id:Euvicc:20210711224944j:plain:w380



前日に雨が降ったのこともあり地面は結構湿っています。お試しって意味ではちょうど良いかも。RCの時ほどどろどろぐちゃぐちゃでもないけど、おろした初日からいきなりハードモードで試すこともないでしょう😁 いざ、踏み込みます……おお! スベラナーイ!!\(^o^)/



モンベルの独自開発というTrailGripper®︎ソール、すごいですね。確かに滑らない!(°д°;;) この手の靴底ってVibramソールが最強だってそれまで根拠もなく信じていたけど、いやいやコッチも半端ないです。





さっきの写真のような斜面。地面は湿った粘土質であからさまに滑りそうな感じですが、全然大丈夫でちょっと感動しちゃいました。……よし、これならRCの時みたいなあの(丶丶)トラバースでもいけるんじゃないか?(((o(^∇^)o))) よし、次はペダルだな!





そんなわけで、GRAILさんフラペ化計画のお話第2弾はトレッキングブーツ🥾の方からになりました。実は同日にペダルも届いており、既に開封の儀やら改造手術やらは色々始めているんですが……まあ、そちらの顚末は次回をお楽しみに! 今日はこんなところで。