euvicc's sphere cycloalkanique

ダイアリーから移行して再始動。自転車とMETALとその他雑多な物欲記録。

何故か四十手前にして自転車趣味に目覚めてしまったある男の記録...のようなもの。

ライドの記録、買い物記録、超私的レビューみたいな駄文を書き連ねます。

【イベント】DoA RC3rdにエントリーしちゃった!/(^o^)\

Euviccです。


ライドイベントやらグループライドやら、その手のウェ〜イみのあるイベントには腰が引けてなかなか参戦できないコミュ障なワタクシですが。何を血迷ったかコレにエントリーしてしまいました。



昨年開催の"RC 2nd"の情報を知ってから実はずーっと興味津々だったんですよコレ。だって紛うかたなき"ぼうけんのたび"じゃないですか!?(((o(^∇^)o)))

ところで"Rally Cranking"とは何ぞ??

このラリー・クランキング。その名が示す通り言うなればラリーです。ラリーといえば自動車競技。有名なのは"パリダカ"こと"パリ〜ダカールラリー"あたりでしょうか。



ラリー自体の説明は↑のWikipedia記事を見ていただくとして。本来モータースポーツであるはずのラリーを自転車でどうやるのか? そこはこのイベントのオーガナイザーである"Door of Adventure(DoA)"さんが当然説明してくれています。



第2回、すなわちRC 2nd開催前に書かれた紹介記事です。イベントとしてはまだ若い。今度で3回目ですものね。さて要約してみると

  • 決められた時間内にチェックポイント(CP)を通過する
  • ルートは舗装路だけでなく未舗装路(ダート/グラベル)もあり:コース全体の1/3が未舗装らしい
  • 事前にルートはもらえない:配られるのはコマ図のみ
  • エイドステーションなどはなし。補給もトラブルも全て自己解決
  • 公道を走れる自転車であれば車種は問わない(e-bikeだけちょっと扱いが異なる?)


ブルベに似ています。……いや、そもそもブルベがラリーをもとにしているのかな?🤔 いや、どっちが起源とかそういう話題はあまり意味ないのでやめましょう。最近のブルベは事前にルートが公表され、参加者はそれをgpxファイルなどでサイコンに食わせるなどしてルートを見ながら走る方が主流みたいですが、ブルベだってもともとキューシート(≒コマ図)を見ながら走っていたそうなので、そういう意味ではより原始的な?ブルベに近いのかも。さらに、紹介記事をによるとわざわざ担ぎルートまで用意されているようなので、その辺の過酷さはSDA王滝*1に通ずるものがあるかもしれません😨


もうちょっと情報が欲しいな💦 過去このイベントに挑んだ勇者たちの記録(つまりblogとか)を探してみます……が。


全然情報がない!?(°д°)ポカーン


ググってみてもびっくりするぐらい「出た/参加した/参戦した」みたいなblog記事がないんですよ( ´△`) まさかとは思うけど情報統制とかされてんのかな?🧐


そんな中で見つけた数少ない参戦記録がこちらになります。



サンスポCyclistの記事はイベント自体の説明が多いけどそこはメディア由来だから仕方がないとして、持参した装備とかそういうのがちゃんと出ててすごく参考になります。一方もうひとつ、別の参加者さんの記事は写真たっぷりで、このイベント──いやアドベンチャーヤバみ(丶丶丶)を強烈に感じさせるものになってますね。実際この方は完走できなかったそうですし。超キツ楽しそうなのだけど出走する前から心が折れそう💦💦



記念すべき第1回の参加レポートも見つけることができました。読んでみるとこれまた……過酷さがヤバい😰 そもそも制限時間内完走者が出走19人のうちたったの一人ってなんなんすかwww 自分みたいなお散歩メタボサイクリストじゃあ完走はもちろんのことハーフすらいけるかどうか危ぶまれますね。ヘタしたら(トラブルに見舞われなくても)CP1で時間切れ→足切り!みたいな事態が充分考えられます。……いや、その結末しか思い浮かびません(苦笑) 完走の自信もなくエントリーしたのかお前は!?ていう話ではありますが。←だからこそ血迷ったと書いているのです😅


ただし、さすがに単独エントリーはできませんでした💧 ワタクシ、そこまでメンタル強くないです。声をかけたのはもちろん(丶丶丶丶)毎度お馴染み友人T氏中津川林道にも一緒に登った彼が一緒ならたぶん怖くない(やけに強気w)。


開催地は奥秩父とタメを張る秘境中の秘境、独立国家千葉国の奥地ですからね。そこで早朝出走ともなると、私たちのような帝都の西側の民はどうしても前乗りする必要がでてきます。となると手段は輪行? トランポ? 宿泊先とその費用は? トラブル発生時どうする? などなど、正直単身で挑むにはかなりハードルが高い(滝汗) ゆえに、智勇兼ね揃えた彼(=勇者)と遊び人(メタボ)たる私の二人パーティで挑むことにした次第です。……え? 遊び人じゃあ単なるお荷物じゃねーかって? まあ、そうとも言いますけどね。ただ、遊び人は"悟りの書"がなくても賢者になれるんだぜ?😎

勢いでエントリーしたはいいが……

そんなわけで先週末、まだエントリーを締め切ってないことにたまたま気づいた私は速攻でT氏を誘い、その場のノリでエントリーフォーム記入→submitしてしまいました\(^o^)/ 自動返信でメールが届き、そこに記された振込先口座にエントリーフィー¥11,000-をチャリーン♪💸 これでエントリー完了です。もう後には退けないぞ/(^o^)\


さあここからが問題。本番までわずか1ヶ月ちょいしかありません。ハード面(=自転車と装備)/ソフト面(つまり私自身)ともに課題は山積みです。なんてったってまだ一度もコマ図で走ったことがないのですから*2😓


そんな装備で大丈夫か?*3


ホントこうですよ。いや〜ヤバいヤバい。準備も練習もしなければ。この"ぼうけんのたび"の愛騎はもちろんGRAILさんになりますが、現状の装備のままではまず間違いなく不十分。いろいろ考えて、あちこち見直さなければなりません。ただしなるべく低予算で(丶丶丶丶丶丶丶丶)ねw ──うひひ、なんか超ワクワクしてきぞ!?(((o(^∇^)o)))


なんか興奮して眠れなくなりそうなので、今日はこの辺にしとこうと思います。しばらくの間、自転車ネタの日記エントリはRC3rd関係のことばかりになりそうですがご容赦を。ではまた!ノシ

*1:セルフディスカバリーアドベンチャーin王滝:POWER SPORTS | パワースポーツ「2019 セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク100km/42km/20km 【5月】」とかを参照

*2:いや正確には一度だけ、footpathappのキューシート?ナビ?機能を試すためにやってみたことがあるにはあるんですがネ

*3:かれこれ10年近く前のネットスラングですね。"El Shaddai -エルシャダイ-"を参照