euvicc's sphere cycloalkanique

ダイアリーから移行して再始動。自転車とMETALとその他雑多な物欲記録。

何故か四十手前にして自転車趣味に目覚めてしまったある男の記録...のようなもの。

ライドの記録、買い物記録、超私的レビューみたいな駄文を書き連ねます。

【IYH】ちょっとした準備

Euviccです。

こんなものをポチりました。

PARKTOOL(パークツール) タイヤブート 3枚入 TB-2

PARKTOOL(パークツール) タイヤブート 3枚入 TB-2

タイヤブートといいます。知らない人向けに書いておくと、一般的なパンクのレベル(ちょっと針/釘が刺さったとかガラス片が食い込んだ等)をオーバーし、数mm以上の長さでタイヤが切れて、あるいは裂けてしまった場合の応急処置用。いわばタイヤの絆創膏です。タイヤの内側(丶丶)から貼ります。裂け目が広いと、チューブ入れて空気を入れた時圧力でチューブが飛び出てしまう*1ので、それを防ぐために穴を物理的に塞ぐわけです。そんなパンクあるのかっていうと、実はリスクが高いのはタイヤの接地面ではなく側面の方。タイヤの底はどのメーカーも「耐パンク」用のシートとかフィルムとかを仕込んでいて比較的強くなっているのですが、逆にそういった備えのないタイヤの側面は意外と弱かったりするのです*2

とはいえ今までは、そこまで酷いパンク……ていうかバーストには幸運なことに遭遇したことがない*3し、それでも万が一に備えてタイヤブート"もどき"は持ってました。古いタイヤのビードを切り取り、適当な幅に裁断したヤツなのですが。しかしながらここ最近ダート/グラベルライドの機会も増えたし、つまり場所と走り方によってはかなり酷いパンクに遭う可能性も高くなったので、ここらでちゃんと「ホンモノ」を仕入れておこうと思った次第です。


え? 使う機会?? ……ええ、まあ、現在そんなライドを計画中です。時季的にまだ梅雨が明けてないので微妙ですが、逆に梅雨が明けちゃうと今度は暑くなりすぎてサイクリングとかできる気がしないので💦💦 デブは最高気温28℃を超えたら外に出てはいかんのです(真顔) すぐ死にますから!(`・ω・´)キリッ

今日はこんなところで👋

*1:ロードバイクのタイヤにはおよそ6barから8barというかなりの高圧で空気を入れるため

*2:こういうケースをサイドカットといいます

*3:いやないこともないんだけどその時はチューブラータイヤだったのでなす術なくタイヤ交換しました😅