euvicc's sphere cycloalkanique

ダイアリーから移行して再始動。自転車とMETALとその他雑多な物欲記録。

何故か四十手前にして自転車趣味に目覚めてしまったある男の記録...のようなもの。

ライドの記録、買い物記録、超私的レビューみたいな駄文を書き連ねます。

(パンク)神は死んだ!!(たぶん)

さて前回のエントリ
euvicc.hatenablog.com
で頼んだタイヤ、ミシュランのPOWER Enduranceですが、どうにか無事に届いてくれました。

例のAmazonデリバリープロバイダ問題から、土曜のうちに納品してくれるか相当心配してましたけど、なんとか届いてくれました……18時過ぎてからでしたがね。

本題から外れるけど言わせてくれ

それにしてもだ、AmazonのUNKO共は何考えてるんでしょうね。「発送しました」で伝票番号を通知してくるのはいいけどさ、配送業者が"デリバリープロバイダ"なもんでトレースもできなければ事前問い合わせもできないじゃないですか。ていうか、不在票でも入らない限り実際の業者がわからないっていう有様。しかも、納品時の配送業者はインターホンにて

Amazon便で〜す!

……そうです。そうなんです。配送会社名言わないんですよ(°д°;;) まあ、多分これはAmazonと"デリバリープロバイダ"に登録されている業者との契約やら責任やらなんやらがカラんでそうだけど、ぶっちゃけAmazonは配達を直接やってないんだから、何処の誰が届けてくれたのかわからないって不信感しかない。本当にバカだなあの会社。ヤマトに今までの倍ぐらい金払って引き留めるとかさ、さもなきゃヤマトと提携して専用の配送会社作るだとか、とっととやれっつーの(−_−#) アコギな商売でそれぐらいの金稼いでるだろ!?

届いたからには、取り付けなければ

すみません取り乱しました(^_^;) 本題に戻ります。

翌日には走りに行く計画が控えております。ただしこの真夏! 普通の時間で出たら……まあ死にます。暑さで死んじゃいます(>_<) そんなわけで、例のごとくAKI兄さんの車に乗っていくわけだが、出発時間は午前4時(°д°;;) 車内で着替える前提ゆえウェアは袋に突っ込んでいきゃいい分少しだけ準備は楽だけど、それでも30分前には起床しないといけません。3:30? バッキャロー俺にとっちゃそりゃ土曜日の27:30っていうんだよう(泣 最低でも6時間の睡眠を確保するためには、ひい…ふう…みい……うん、21:30には就寝しなきゃじゃないか!\(^o^)/
ということで早速換装を開始。まずはフロントホイールから始める。空気抜いてぺちゃんこにし、タイヤのサイドを押してビード部分を露出させ、バルブのネジ外して動くようにしたら、タイヤの端をレバーでグイッとやってテコの原理でビードをリムの外側へ。全部外れたらバルブを引き抜き、そこからチューブを引っこ抜く。うん、ここまではOK。そこからはパンク修理でもそこまではあまりやらないタイヤ自体の取り外し…これもOK。では、いよいよPOWERさんにご登場いただきましょう!(°∀°) タイヤの片側をリムに塡め、開いている側からチューブを入れたら、ビードとリムでチューブを咬んでしまわぬよう注意しつつ開いてる方のビードを嵌めていく。最初は指でいいんだが、最後の方はタイヤレバーを使って気合いで嵌め…ハメ……

は、ハマらない!!!(°д°;;)ガーン

硬い。硬いんだよ。硬すぎるんだよ(泣 そうだった。ミシュランビードは硬いんだった。最近ずっとPanaracerに慣れちゃって忘れてたが、その昔レーゼロを買ったばかりの頃、PRO4SCも一緒に買ったはいいがものすごい苦労したよな装着に? ヘトヘトになって一日ツブすほど硬いんだったよミシュランは!(汗 ……ヤバい。これ21時までに前後きちんと換装できるのか俺!?!?


結論からいえば、換装はどうにか完了。
時刻はほぼジャスト21時。換装終えないと翌日走れないっていう危機感から休憩も取らず汗だくになり、焦りのせいでチューブ入れるのに失敗(先述の通りリムで咬んじゃった)して一本ダメにしたり、タイヤレバーですらビードのあまりの硬さに負けて一本ダメになったりと散々苦労した挙句のことですが、それでもなんとか完了です。ホッとするあまり小一時間放心状態になってましたね(^_^;)
ウェアやらサプリやらその他持ってくものの準備をだーって済ませ速攻でシャワー、なんとか22:30には消灯したんだけど、はて? 何か忘れてるような……あっ(°д°;;) 晩飯食い忘れてるじゃないか!(°д°;;)アイエエエエ

諦めました(´・ω・`) さすがにその時間から飯を用意してーーとかやってたら、下手すりゃ23:30回っちゃうよ(>_<)

さて実走!

草木も眠る丑三つ刻、むくりと起き出したワタクシはとりあえず顔を洗い眠気を散らす努力をしつつ、準備開始。程なくしてAKI兄ぃがいつもの車で迎えに来てくれたので、おNEWなタイヤが鈍く輝く愛車CXR號を積み込み、ヘルメットやらジャージやらその他必要な服とか道具とかをひっ担いで乗り込んだのは4:00過ぎのこと。コンビニでカフェインを補充して即関越道に乗り、一路『道の駅 おがわまち』へと向かったのであります。
今回はちゃんと、前回エントリの宣言通り定峰峠を登りました。ていうかね、あのレベルが限界なのですよ今の我々ーーいや、もっと正確に言えばワタクシは(滝汗

さて、あちこちでベタ褒めされてるPOWERさん、その実力は如何に?




……いや〜すごい。これはすごいわ(°д°;;)
機材鈍感症と言ってよいワタクシですらわかる、走りだしの軽さ(°д°)ポカーン それまでのパナとぜんぜん違う。パナのときはどっちかつうと、もっとネバるっていうかそんな感じがあったような気がするんですよ。これが転がり抵抗の差ってヤツなんですかねえ? タイヤを触ってみると、確かにパナより硬い感じがします。じゃあ一方でグリップが弱いかというと……そんなことはなくシッカリ。ただし俺程度のヘタレでは下りで攻めるだなんてモッテノホカなので、もっとシビアなレベルでどうかと言われるとなんとも言えないのですが(汗 あと、振動吸収力が高いというウワサは……確かに間違ってはいないと思います。ただね、このタイヤの最大空気圧は8bar、パナの方は9.5barです。デブゆえにタイヤの空気圧については基本MAXで運用しているワタクシ。1.5barも圧が高ければ当然タイヤは硬くなるよね〜、と思う次第です。今更パナにタイヤ戻して8barで乗り比べ……だなんてやる気ありませんけどね(苦笑)
問題の耐パンク性能なんだけど、ぶっちゃけジャッジすんのはまだ無理でしょ!w 路面にもよるだろうが、走行距離たかだか50kmにも満たずに判断するのも馬鹿げたお話です*1。とりあえず走り込んで通算300kmぐらいまでいってから、コンパウンドの減りとかも含めて検証といきたいですね。

まあ総合的にみて、良い買い物をしたと思います。あとは近日中にローラーでも試してみたいですね。
では今日はこのへんで。

*1:舗装路で新品のタイヤ使っていきなりパンク、だったら別の意味でもっと馬鹿げてるがw