euvicc's sphere cycloalkanique

ダイアリーから移行して再始動。自転車とMETALとその他雑多な物欲記録。

何故か四十手前にして自転車趣味に目覚めてしまったある男の記録...のようなもの。

ライドの記録、買い物記録、超私的レビューみたいな駄文を書き連ねます。

自転車のある生活、再開♪

ご無沙汰しています、Euviccです。
先週、海の日の3連休は本当に帰省しました。帰省といっても東京に、なわけですが。前回の日記で予告しておりましたとおり連休の最終日、愛車CXR號を連れ帰ってきたのです、名古屋に

とはいえ、名古屋に着いた瞬間の暑さといったら……! 駅で自転車を組み立てるのなんて速攻で諦めて、目の前のタクシーに滑り込みましたよw 行き先を告げた時の運ちゃん「あれ? 競輪場行くんじゃないの?」*1という言葉には笑いましたが。競輪選手の体型じゃないだろ、間違っても(^_^;) 部屋の中で冷房をガンガンにかけつつまったりと自転車を組み立てたワタクシは、夕方日が落ちてだいぶ気温が下がってから、近所のホームセンターまでひと乗りしてブルーシートを買ってきたわけです。まかり間違っても外には置けませんからね!

ところで、道がわからんのだよ明智くん

Google Mapsさんで見るのと実際に走ってみるのとでは大いに違う。当たり前のことだけどね。道の広さ程度ならわかるが、走りやすさとか交通量なんて自分の目で見ないとなんとも言えん。そういう意味では、名古屋の道はまだ本当に右も左もわからない状態。ただ、距離感はなんとなくわかった。名古屋から岐阜って超近いのな。たったの30kmしかないじゃないっすか。それに、この平坦さ何よ? アップダウンがほぼほぼ無いよ?( ゚д゚)ポカーン
まあいいや、とりあえず行けそうなところに行ってみよう!ってな感じで、今朝はちょっと寝坊したものの朝7:30にスタート。一路、南へ向かいました。

結論から申し上げますと、速攻で暑さにやられましたorz いやもう暑いのなんのって(;´Д`) もちろん前日に天気予報見てましたからね、わかっちゃいたんです。今日の名古屋は35℃に達する猛暑日だってことはね。朝の予報だって「熱中症予報:危険」ってあからさまに出てましたしね(泣 でも走りたかったんだよ。じっさい、時々道に迷いつつも往きはなかなか快適に走れたんだよ。9時過ぎぐらいまではね。ちょうどその頃、あおなみ線の終着駅金城ふ頭駅に到着。埠頭はもう目と鼻の先といった感じで、そこのデイリーヤマザキにて朝飯を食い、さらに先へ。
9:30前、金城ふ頭の先に到着。

たいしていい写真でもないのだけど、まあエビデンスということでw 残念ながら商業港なのでその先には入れず。入口には警備員がいてガチでこっちのこと睨んでたもんね(^_^;) 仕方がないので、フェンス越しに船の写真だけ撮っといた。

車輛専用の運搬船である模様。カーフェリーとは……ちょっと違うのかな? てか、見た目ほとんどじゃねーか∑(゚Д゚)

往きはよいよい、還りは……?

いよいよ太陽は中天高く登り、気温はRFLKT+さんによると37℃だと!? 勘弁してくれ。殺す気か??(泣
日が高く登るということは、すなわち日陰が少なくなるということだ。路面の照り返しもどんどんパワーアップしていく。ジョセフおじいちゃん*2が若いころ言ってたアレだ。「両面焼きのハムエッグよ!!」 ええホント、あっという間にヤバくなりましたね。そんなわけで金城ふ頭線を走っている途中に見つけた「十一屋川緑地」の水飲み場で水浴び休憩に着手。およそ30〜40分は水浸しになってベンチにへたっておりました(^_^;) で、掛水もボトルいっぱいに補充し再出発。
その後はすぐ環状線に入りひたすら北上。およそ30分ほど酷暑を耐えて走り抜け、11時には下宿先に戻ったのでありました。距離は約40km、お散歩としてはまあまあな距離じゃないかな?

なお、帰ってからおよそ1時間近く水風呂に浸かってました。やっぱあかんわこの暑さ(;´Д`)

*1:実は我が下宿の近所には競輪場があるのです。

*2:もちろんJoJo第2部なw