読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

euvicc's sphere cycloalkanique

ダイアリーから移行して再始動。自転車とMETALとその他雑多な物欲記録。

何故か四十手前にして自転車趣味に目覚めてしまったある男の記録...のようなもの。

ライドの記録、買い物記録、超私的レビューみたいな駄文を書き連ねます。

おNEWボトルの効能(さっそく試した)

bike cycling diary review

おはようございますEuviccです。
このエントリを書き始めたのは5月12日の朝。まだ5月だってのにもう颱風襲来? 気圧の急低下が頭痛一歩手前の頭重感を引き起こし、正直#全日本もう帰りたい協会、です(苦笑)

先日買ったCamelbakの"PODIUM Ice"なんですが、日曜午後の軽めのライドにて早速従来品と比較してみました。
比べた相手は同じくCamelbakの"PODIUM Big Chill"。大きさ的にほぼ同じだから、というのがその理由です。しかし容量はだいぶ違ってて

  • PODIUM Ice ……620ml
  • PODIUM Big Chill……750ml

130mlも違うんですね(°д°;;) およそ3分の2合てところか。ライド中に飲む量としては結構差があるかも。かけ水として使ったらほんの1回分でしょうが(^_^;) 後で調べてみたら、ぶっちゃけ小さい方(PODIUM Chill)がIceと同じ容量だった。つまりそっちが標準なんだよね? ちょっとしくじったかな(汗

実のところ、今年の2月にシクロワイアードで記事が出てました。
保冷性能を飛躍的に向上させたボトル キャメルバック ポディウム・アイス | cyclowired
なんだよー、俺二番煎じじゃん╭(°A°`)╮とはいえ、この記事で比べてるのはお湯の温度低下速度。この記事は2月のもんだし、季節がらしょうがないわけだが、俺がこれからやるのは勿論、これからの季節に向けた氷水の温度上昇速度であります。ついでに言えば、こちらはどこのメーカーの息もかかってないのでチョウチン記事とか書きませんからね、ゼッタイ(・∀・)ニヤリ*1

脱線した。本題に戻る。
氷には、コンビニで普通に売ってるロックアイスを使用。口まで詰め込み、満タンになったら水道水を少し入れトントンして隙間を詰める。水入れた瞬間に少し融けるからね。両方とも同じ状態にし、ケージにぶっ挿してライド開始です。まあ正直、ログを載せるようなもんでもないんだが、時間とか状況の説明を割愛するためですw タイトルが妙なのは、帰ってから実際30分がほど3本ローラーに乗ったから。コッチは本当に省略します(^_^;)

乗ってる最中。
Big ChillとIce、なるべく交互に飲もうとしてたんだが、結構あからさまに温度が違ってきてるんですよ。なんせボトルを振った時のガラガラという音の大きさが違う。これ即ち融け残ってる氷の量ですわな。Iceの方が全然残ってる。当然ながら中の水も冷たい(°∀°)
さらに帰ってきて、バイクからボトルを外して驚いた。Iceの方、まだ氷残ってるよ?(°д°)ポカーン Big Chillの方はというと……当然水only。アイスの圧勝であります。
それ以外には優劣というより違いのレベルなのだが、Iceの飲み口の方が広いです。ひと口で飲める量が多い。ここもポイント高いと思うな。

結論、このお買い物は正解でした。ボトルにしちゃあいいお値段する、とは思うが、Chillシリーズだって新発売当初は結構なお値段したんだし。そう割高ってわけでもないと思うよ? なお、売り文句の「4倍冷たい」は一般的なボトルと比べてだそうですからご注意ください。Chillシリーズと比べて4倍ではない模様。
正直、もう一本欲しいですね。Camelbakさん…結構いいステマしてるでしょ? 良かったらこっそり1本ぐらい進呈してくれてもいいんですよー?(棒 ←厚かまし過ぎwww

*1:あ、チョウチン記事書いて欲しいとかステマして欲しいというメーカーさん、相談=金額に応じますよぉ?(ゲス顔

広告を非表示にする